金の音の「潜在能力」って?

エクボの基準

「エクボの基準」とは、一体何?でしょう!

…それは…


「周波数」です。


周波数と共振(共鳴)

物理現象って全て「共振」(共鳴)で起きるって知っていますか?

そんなこと学校で習っていない!
そう習いません!

たとえば、熱が手に当たると「熱い」…どうして?
それは手の表面が「熱(赤外線)」の周波数に「共振」してエネルギーが移動したからです。

鍋で煮物が出来るのは、

鍋の底に熱があたって鍋底から煮汁の水分子に「周波数」が共振してエネルギーが、水に「移動」したからです。

熱は、移動します。でも、どうやって?

「共振」によってなんです。

寒い日に、ポケットに手を入れ手を温めるのも…モモや体の熱を手に共振させて熱を移すためです。

物理現象は微細な物から巨大なものまで「周波数」の連続で起きています。
電磁波を怖がる人は、電磁波は「体」に共鳴しなければ「なにもせず」通過してしまうことを知ってください!

エクボのブレスライトは「深紅光」や「琥珀光」の周波数を体に共振させてエネルギーを伝えています。

共振するから、体が吸収して「作用」が始まるのです。

その効率をもっとあげ「吸収したい」光だけを取り出したものがハイパーブレスライトです。
でも、「従来」のブレスライトも負けてはいません。

「従来のブレスライト」も悪い光が出ているわけではないので、
「ハイパー」より「たくさんの光」を出して「量」で勝負しています。
(ハイパーは製品ブレスライトより光の強さ自体は40%程少ないのです)

人間の耳も「音」という振動に鼓膜が「共振」して音を聞きます。

触覚も、嗅覚も、聴覚も、視覚も…全て「周波数」の共振現象です!

金の音の共鳴(共振)

耳だけではありません。窓ガラスが雷鳴で「ビリビリ」震えることを皆さんも知っています。

音は「振動」という「周波数」で動くエネルギーの表れです。

音は「強力」に「分子」や「原子」を打ち振るわせる電気を伴わない強力なエネルギーです。

その振動は、共鳴できる(共振できる)対象を「全て」共鳴させます。
そして同じ振動を持っているものに「特に」強く共鳴します。

音叉が同じ音叉に共鳴するように。

「金(きん)は金(きん)に共鳴します」

人間も「金の音」に共鳴します!
体内にある分子も共鳴します。

この意味がわかりますか?

皆さんの体が「歩く金の周波数」体になるということです!

「ばかばかしい」と思われた方は、ココでやめてくださってかまいません。

私達は「EQBO」プロジェクト内で開発指導者と一緒に「物理的」な再現性を追求しています。

「なぜ」不幸な人は、不幸な現象を呼びやすいのでしょう?
「なぜ」泣きっ面に蜂の現象がおきてしまうのでしょう!

「反対」に黙っていても幸運が舞い込むように見える幸せな人がいます!
「笑顔」の人は自分の中から笑顔の周波数を周囲に発しているのです!

「同じ周波数」は、同じ共鳴現象を起こします!

スピリチュアルではない!

「物理現象」を追求して「分子」振動を知りました。

「タンパク質」の分子を「タンパク質」のもつ固有周波数で振動させると、
「再現性」のある、タンパク質の合成促進が起きたのです。

これが全ての現象に当てはまるのなら…

人はもっともっと「自由」に幸福に近づけるのではないか?
そう考えました!

そこで以下の周波数を「耳に聞こえる音」(可聴音)に周波数を下げて「変換」してみたのです。


金の物質波周波数 f0=4.436362167831250x10^25 Hz
           =44363621678312500000000000 Hz


可聴音域の周波数は非常に特徴ある音になりました。

この周波数をもとに「更に」内部の「振動」…つまり「電子・陽子・中性子」まで周波数を重ねて「本物」の金の音に近づけた「和音」…。

それが「金の音」(周波数)の誕生だったのです!

何の役に立つのか

「基準」です。

「誰もわからないこの世の基準」…でも気が遠くなるほど長い時間、ずっと「変わらなかった」周波数…それは原子の固有周波数です。

もし変わったら「惑星」は「何億年」も形がもちません!

「基準」…その基準を「金」という地上で最も安定した物質で作った…。

「なぜ」金が貨幣経済の基準として流通するのでしょう?

…それは、金が「不変(普遍)」に近い存在だからではないでしょうか?

(酸化しない=減らない、単物質で持続できる、同位元素がない…)

もし皆さんが「自分自身」で不変の振動を発することが出来たとしたら
そのときは…

同じ周波数は、同じ周波数を呼ぶ!

スケーリング理論(同種の物質波は同種だけを引寄せる)現象が、体内で起きている「タンパク質合成」のメカニズムと同様に始まるでしょう!

エクボの実験室では「水に溶かした物質」にビーカーの外から「各種の音」で共振させて「現象」を起こす実験が行われています。

「お金持ち」はなぜ?お金持ち?

その理由の一つが「同じ周波数」を発するものをたくさん持っているからでしょう!

「現物」で金を「何トン」も持つことは「大変」です!

…でも何トンもの「金」以上に「金の振動周波数」を空中に発することは…
「物質波」を使えば…「出来る」のです!